知っていますか?赤べこの意味

2021年のえとは“丑”

2021年えとシリーズの1つとして赤べこがあります。

「赤べこ」とは「福島・会津地方の代表的な民芸品」という認識を

お持ちの方は多いかと思いますが、魔除け厄除けのほかに、疫病除け

としての意味ももっているそうです。強い力を持った赤色は、悪い病気を

退散させることができるといわれ、かつて会津地方に天然痘が流行した際

「病気の子供に赤べこを贈ると治った」「赤べこのある家には病人が出ない」

といった伝承もあります。

~私が作りました~

来年の干支は『丑』ですね。私たち商品企画のメンバーはどんな絵柄がお客様に喜んで

いただけるのか、毎年全員で来年の干支のことを考えながら商品を作っています。

実は最初「ミニフレーム・健勝赤べこ」は、全く違う牛のデザインで商品化を進めて

いました。商品決定のギリギリまで、本当にこの絵で良いのかなと色々調べていた時に、

赤べこには『疫病除け』の意味があることを知りました。私自身も東北出身であり、

赤べこにはとても愛着があったので「今、大変な世の中だ。これは赤べこに変えるしか

ない!」と思いきってデザインを変更しました。絵柄は、赤べこの何とも言えない素朴な

可愛らしさと、パッとみて気持ちが明るくなるようなイメージで作りました。大変な状況下

だからこそ、遠く離れた大切な人たちに、この赤べこをぜひ送ってみてはいかがでしょうか。

さくらのつぼみ

手作りキット専門メーカーのさくらほりきりです。 手作りキットにまつわる特集や、お客様から頂いたお便りや、皆様により楽しんでいただけるよう取り組んでいる内容など、様々な情報を発信しています。

0コメント

  • 1000 / 1000