がま口キーホルダー~開発秘話~

手のひらサイズの小さながま口♪小銭を入れたり、お薬やアクセサリー入れにもなる

優れもの!このがま口が針も糸も使わずに誰でもかんたんに作れるなら、嬉しいですよね?

さくらほりきりはそれを実現したのです!

その開発秘話について今回は書きたいと思います。


2001年に生まれたがま口キーホルダー。なんともうすぐ20歳です!


始まりは、本店勤務の女性社員が持ってきた小さなキーホルダー。

「こんなの作れるようになりませんか?」という相談からでした。

「確かに可愛らしいが、売れるのだろうか…」と、はじめは半信半疑ではありましたが

まずは形にしてみようと試作をすることに。

一般的ながま口は、布を金具に差し込んだ後、紙ヒモを入れて厚さを調整します。

一級の既製品は、職人が作りあげるように技術を必要とするものでした。

当時の企画のメンバーは頭を抱えました。

「こんな面倒な作業…お客様に作れるのか…」

キットにする以上、お客様が作れなくては意味がない。完成して“よろこび”が生まれ、

そこにさくらほりきりの価値があるというこだわりを大切に、一段と開発に力が入りました。


まず、金具に差し込むものに“太いヒモ”や“網戸のゴム”などあらゆるものを使い

試作を繰り返しました。その中で、ウレタン(スポンジ)へとたどり着きました。



布自体が薄くても作りにくいという観点から、布自体に厚みをもたせば…

中芯をつければいいのでは!ウレタン(スポンジ)も入れよう!そうしたら

柔らかいウレタンで金具にも入れやすく、入れた後は厚さの調整をする必要もなくなる!



ウレタン、中芯、赤レザーがすべて同じサイズで一気に型で抜くことで

コストカットもでき、お安く提供も出来る!

といった具合に、思いのほか時間を要し、キットとしての使用はほぼ出来上がりました。


完成見本をカバンにつけてみると…


がま口は見事に横向きに。

通常のがま口金具は、カン付(キーホルダーをつける穴)が真横についており、そのまま吊り下げると本体のがま口は真横を向いてしまうのです。


せっかく可愛らしくできても、実際に使えてこそ喜ばれる。

キレイに使えないと意味がない。

・・・だったらオリジナルで作ろう!

付き合いの長い業者さんにお願いをして、カン付きの位置を変更することにしました。

試行錯誤の末に、吊り下げても可愛らしい現在の形の金具となったわけです。


それから20年、がま口キーホルダーは柄は入れ替わりながらも、形・作り方は

ずっと同じです。さくらほりきりのロングセラーで、人気の商品となっております。

さくらのつぼみ

手作りキット専門メーカーのさくらほりきりです。 手作りキットにまつわる特集や、お客様から頂いたお便りや、皆様により楽しんでいただけるよう取り組んでいる内容など、様々な情報を発信しています。

0コメント

  • 1000 / 1000