【お便り】家にはさくらほりきり作品がたくさん

私がさくらほりきりさんを知りやるきっかけになったのは、主人が入院していたリハビリ病院でした。5年前、脳出血で倒れた主人は、左半身まひが残り、1年位リハビリ病院で過ごしていました。理学療法、作業療法とリハビリをしていて、生後4か月(当時)の息子と毎日面会に行っていました。


ある日、面会に行ったら手づくりのティッシュボックスを入れる箱をプレゼントしてくれました。半身マヒの体で一生懸命に布を貼ったプレゼント、凄く嬉しかったです。


今では私が、さくらほりきりさんのファンで、さくらほりきり作品が家の中にはたくさん(^^)子供はパウダーアートが大好き。私は母や友達にきめこみ写真立てをプレゼントしたりしてます。今の目標は、十二支のカレンダーの十二支をコンプリートすることです。暦が終わったら写真を入れられるので飾りたいです!季節のきめこみオーナメントも、パウダーアートマグネットも玄関に貼って楽しんでいます。これからも色々な作品を作りたいです。


本当にさくらほりきりさんが大好きなので、通販センターで働きたいくらい(笑)“作るよろこび”“贈る幸せ”はまさにその通りですね。これからもよろしくお願い致します。

東京都 村石 良子 様

0コメント

  • 1000 / 1000